屋根や外壁の塗り替えはどうしたらいいの?

2020年10月01日(木)

屋根・外壁塗装の必要性

屋根や外壁は、常に風雨や直射日光にさらされています。

そのため、私たちが想像している以上に劣化している場合がほとんど。

家を建てて以来一度も塗り替えをしたことがない、あるいは、最後に塗り替えをしたのがいつだったか覚えていないという方は、要注意です。

塗り替えを行うときれいな外観になり、家の雰囲気が明るくなる以外にも、様々なメリットがあります。

まず、屋根や外壁を守り、劣化を防ぐということです。

屋根や外壁には、気付かないうちにヒビが入ったり、コケやカビが生えている場合もあります。

塗り替えのタイミングで家全体を点検してもらえば、そうしたトラブルも解決することができるでしょう。

また、10年ごとを目安に塗り替えを行うと、大切な家の寿命を長くすることができます。

次に、防水性を高め、雨漏りを防ぐということです。

一度雨漏りが起きてしまうと、家内部にカビが広がる恐れもありますし、浸水した断熱材などの張替えも必要になります。

そうすると、多大な費用が掛かる場合があります。

雨漏りが起きる前に、定期的な塗り替えをしてきちんとメンテナンスをしておけば、長期間で見ればトータルの費用を抑えることができるのです。

業者を選ぶなら

塗装業者は色々とありますが、屋根や外壁は面積が大きく、目に入りやすいものなので、しっかり仕事をしてくれる業者を選びたいものです。

そこで、業者選びで一番気にしたいのは、地域に密着している業者かどうかということです。

四季がある日本において、塗装作業は天気や気温、湿度の影響を考慮して行わなければいけません。

その季節に応じたきめ細かい丁寧な仕事ができる、技術力を持った業者に出会えれば、十分に家を長持ちさせることができます。

また、地域に密着している業者は、良い評判も悪い評判もすぐ立ってしまいます。

その地域で長年にわたる施工実績があるということは、お客様との信頼を築いてきたという証です。

おすすめ業者No.1

ここでおすすめしたいのが、岡山で地域に密着した仕事を続けて44年の株式会社イワショウです。

長年の知識と経験から培った確かな技術力で、最高の塗装をしてくれます。

また、塗料を自社工場で生産していることがイワショウの強み。ご希望の色の塗料を作ってもらうことが可能なので、自分だけの色の我が家に仕上げることができます。

塗料を自社工場で用意するので、中間マージンが発生せず、お値打ち価格で施工してくれるのも嬉しいところです。

見積もりだけでもしてみませんか。

  |