外壁を雨だれや劣化から守る塗装があります

2020年09月17日(木)

雨だれによる外壁の汚れとは?

戸建に住んで数年も経つと、外壁の汚れが蓄積されてきます。

全体的に外壁の色がくすんで見えたり、窓枠の下の部分だけ茶色く変色したりすることがあるでしょう。

よく見てみると、黒や茶色の線の線のようになっている、このような外壁の汚れのことを雨だれといいます。

雨だれは、空気中のホコリや排気ガスなどの汚れが外壁に付着したところに雨が降り、汚れを含んだ雨水が壁面を伝うことによって生じます。

雨だれを落とすには?

軽い雨だれであれば、水で洗い流して中性洗剤を付けたスポンジでこするだけでもきれいになります。

しかし、雨だれが遠目にもくっきりと分かるほどまで長年放置し続けた場合は、簡単に汚れが落ちないことがあります。

その場合、ホームセンターなどで購入することができる外壁専用の洗浄剤で汚れを落とすことができます。

手の届く範囲の汚れを落としたら、手が届かないところの汚れが気になり、脚立や梯子を使って頑張ろうとする方がいらっしゃいますが、高所での作業は大変危険です。業者に依頼することも視野に入れましょう。

その他に、高圧洗浄機を使うという方法もあります。

短時間で広範囲の雨だれによる汚れを落とすことができます。

しかし、高い水圧によって汚れを取るだけでなく、外壁そのものまで傷めてしまうことがあります。

また、元から外壁にヒビやはがれがある場合は、その部分から家の内部に浸水してしまう恐れも。

注意が必要なのは、作業中に隣の家の外壁や窓、洗濯物などに汚れを含んだ水が飛んでしまい、ご近所トラブルになるケースです。

外壁の状態や作業についても自分一人で対処しようとはせずに、業者に相談してみて下さい。

外壁を汚れや劣化から守る塗装

ここでおすすめしたいのが、岡山で44年地元に根付いた仕事をしているイワショウの外壁塗装です。

イワショウは、外壁と屋根の塗装を専門とした老舗店。

自社工場を併設しており、質の高い塗料を確かな技術で塗装してくれます。イワショウならば、住宅の美観の維持をしながら保護もできる塗料を外壁に塗装してくれるので、汚れが付きにくくなります。

雨だれを予防するためにも効果的です。

また、既に雨だれがこびりついている外壁にも塗装し直すことによって、まるで新築のような美観を取り戻すことができますし、塗りたての美しさはとても長持ちします。

その上、塗装することによって紫外線による経年劣化も防いでくれます。

外壁の汚れ落としを定期的に行うのは、大変な作業です。

外壁にヒビやはがれがないかの点検も兼ねてイワショウに相談してみませんか。

  |