外壁塗装の塗料について知っておきたい3つのこと

2020年08月20日(木)

塗料を知ると外壁塗装の全貌が見えてくる

外壁塗装の主役は、塗料です。

塗料にはウレタンやシリコン、フッ素など様々な種類がありますが、それぞれの特徴を理解すれば、自宅の外壁にはどんな種類がピッタリなのかが見えてきます。

ここでは、塗料について知っておきたい3つのことをご紹介します。

知っておきたいコト1:塗料の成分

塗料は、合成樹脂、添加物、顔料、そして溶剤の4つの成分で作られています。

このうち、溶剤は塗装後に乾燥したり蒸発してなくなるのが特徴で、水性塗料なら水、油性塗料ならシンナーなどが使われます。

顔料は塗料の色を決める成分で、エナメルやクリヤーなどと表記されることが多いです。

合成樹脂成分は、アクリルとかウレタン、シリコン、フッ素などがあり、塗料の耐久性を決定する主成分です。

また、添加物は塗料に機能性を持たせるために配合する成分で、ツヤ成分や弾力成分などが該当します。

知っておきたいコト2:グレードの違いとは?

塗料にはそれぞれグレードがあります。

グレードの定義については、一般的には塗料の耐久性を表します。

アクリルよりもウレタンの方が耐久性が高いので単価も高く、グレードが上となります。

また、ウレタンよりもシリコン、シリコンよりもフッ素の方が、ハイグレードな塗料です。

同じ塗料商品でも、いくつかのグレードがラインナップされている商品もあります。

基本的には同じシリコンベースの塗料でも、遮熱成分や親水性が高い成分が配合されていると、配合されていない商品よりもグレードが高くなり、単価もアップします。

知っておきたいコト3:ツヤ有VSツヤ無

塗料には、ツヤ有タイプとツヤ無タイプとがあります。

ツヤがあるタイプでも、3分艶や5分艶、7分艶などの度合いがあり、艶の度合いによって塗料を選ぶことができます。

ツヤの無いタイプは、マット仕上げと謳われることが多いです。

ツヤ有とツヤ無の塗料では、仕上がりの雰囲気が大きく異なります。

ツヤ有タイプは新築を思わせるアピール力があり、光を受けて輝く塗料はとても美しく見えます。

一方、ツヤ無タイプは落ち着いた雰囲気を与えることができ、遠方からでも外壁の色を判別しやすいという特徴があります。

機能の面では、艶の有無によって大きな差はありません。

そのため、施工主の希望や好みでツヤ有かツヤ無かを選ぶと良いでしょう。

 

岡山市の外壁・屋根塗装のことで迷ったなら、イワショウまでお気軽にご相談ください。

  |