おすすめ塗料
トップページ > おすすめ塗料

おすすめ塗料

グラフィックス11-1

アドマファインとは 株式会社アドマテックス(トヨタ自動車ベンチャー1号企業)の特許素材である 超微粒子真球無孔質ファインセラミックです。アドマファインは高熱伝導、低熱膨張、耐熱向上その他多くの機能性を持ち、電子・電気・自動車・医療等の最先端分野で応用されている熱対策に不可欠な素材です。この世界最高峰のセラミックを建築用塗料に応用し、開発されたのがアドグリーンコート®です。(日本中央研究所株式会社と株式会社アドマテックスの共同国際特許商品です。)

グラフィックス12

遮熱塗料の目的は、太陽光により建物躯体が熱を持つことを防ぎ、室内の温度上昇また、輻射熱・人工排熱によるヒートアイランド現象を防ぐことです。

そこで・・・大半の遮熱塗料はセラミック顔料を配合することで太陽の近赤外線を効率よく反射し、建物が受ける熱の影響を低減しています。

近赤外線を効率よく反射しかしながら、全ての熱源を反射出来るわけでは無く(色が濃くなるほど反射率が悪くなる)、その反射しきれない熱の処理方法が重要となります。

 

電気代20%削減!即効性ある省エネ・節電対策塗料

室室内への熱ごもりを抑制する為、過分な空調負荷を低減し、即効性ある節電対策に効果的です。内への熱ごもりを抑制する為、過分な空調負荷を低減し、即効性ある節電対策に効果的です。

グラフィックス20

グラフィックス21

グラフィックス14 グラフィックス22
アステックペイントの主力商品であるEC-2000F は「ピュアアクリル」という飛行機の窓や水族館の水槽に使われるとても耐久性の高い樹脂を使用しています。
JIS A 6909 建築用仕上げ塗材の耐久性試験A法に基づき、促進耐久性試験(試験時間は4000時間=自然暴露15年相当)を実施した結果、4000時間試験後に判定基準項目全てにおいて、異常なしという結果になりました。

グラフィックス23

グラフィックス15 グラフィックス24
アステックペイントはピュアアクリルの分子の組み換えにより、樹脂そのもので長期間弾性を発揮することができるので可塑剤を加える必要がありません。
これはアステック社独自の技術で、国内塗料のフッ素やシリコン塗料並みの超耐久性を発揮すると同時に、防水塗料に必要な高弾性を有しているため、非常に優れた塗料であると言えます。

グラフィックス25

グラフィックス16 グラフィックス26
アステックペイントの塗料にはナノセラミック粒子が含まれており、塗膜表面にあたる太陽熱を反射させ熱の侵入を防ぎます。
また、塗膜内に吸収されてしまった熱もナノセラミック粒子により外側に反射されるので、屋根の蓄熱を防ぎます。

グラフィックス27

グラフィックス18
宙開発で培われた最先端の技術を取り入れて誕生した(株)日進産業の製品「GAINA(ガイナ)」は、特殊セラミックを塗料化することに成功した機能性環境改善塗材です。
塗るだけで断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。

多機能性断熱塗材-ロケット開発で培われた最先端の断熱技術-

ガイナの仕組み

樹脂を塗料化したペンキなどの従来の塗料は、住宅の美観確保と防水を目的としたものに過ぎませんでした。ガイナが他の塗料と一線を画すのは、特殊セラミックの効果によるものです。セラミックには、遠赤外線セラミックや超硬度セラミックなど、さまざまな種類があります。そのひとつである断熱性能に特化した種類のセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのが、ガイナなのです。その結果、これまでの常識を覆し驚異の断熱効果を発揮するとともに15にも及ぶ機能によって、ガイナは住まいの性能を劇的に向上させます。

ガイナをぬるだけで、 夏は涼しく、冬暖かに

グラフィックス19
ガイナを住宅の屋根・外壁、内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックが、イオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善。マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地よい状態に。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

FAX番号:086-279-3225

新着情報&ブログ

過去の記事